│ 初雲盞茶

お茶は、山の子供である。

朝霧の立ち籠めている山に、近くまでかかる雲と太陽の光が降り注ぐ環境で、高山茶園は造られた。

山の濃霧と霧雨が、新茶のふじ棚にかかり、強烈な日光が覆い隠す。
茶樹は沃土や肥沃な大地で滋養されて深く根をおろし、たおやかに山の日月に化粧する。
新芽は深山の息であり、澄んだ雲を一口吸うと、3月の春芽が芽ぐむ。
凝結した霜を一口吸うと、初冬の新綠が芽生える。

茶樹は多年性で常綠の木本植物。
潤った気候の上に、平均気温は10℃以上で、お茶の芽が芽生え始める。
「雪霸大尖山」、「阿里山石槕」、「杉林溪」などは高海拔お茶の森であり、台湾の冷たい山の泉を牽引して灌漑し、
日光の長短に基づいて節気を交替しながら、山と茶樹を雲が覆い、霧で氷ったり、風に吹いたり、雨で潤い、露の玉で芽をふき、
谷川の霧で深く根を下ろし、山の霜気で展葉して、つくづく醞醸された山の深みと旨みの香りが、
穏健に茶葉に閉じ込められているのが、初雲盞茶です。

初雲盞茶のお茶は高山茶であり。

標高が高くなればなるほど、若葉の発育が通常よりも長期間となり、産量も珍しくなるほど上品な深みと旨みがする。
職人が一心に高級な清心烏龍を育てて、経験深いの職人の手によって、最も適当な時季で気配して柔らかい生葉を手作業で摘採しております。
若い芽は24時間以内に、摘採、凋萎、殺青、揉捻の手順を経して、厳しい冬の引き締まる寒さを吸収します。

山の泉から湧き出た水を一本沸かして、澄んだ黄金色の茶湯を持ち、台湾の靄がたちこめる青山で散歩する。


お茶を飲みながら、山で座って休憩し、雲がかかる山の景色を楽しんだりしている。


 

検査報告書